新型コロナウイルスについて


新型コロナウイルス(COVID-19)は「パンデミックと言える」という発言がWHOから出された。

 

私の記憶ではWHOの緊急事態宣言は1月30日(日本時間では1月31日の未明)であったから約1ヶ月半の時間が経っていることになる。

その間、国内外を問わず、人の動きが止まり、日本(世界)経済に与えたダメージは計り知れない。必要に迫られる等、事情のある人以外は移動せず、陸・海・空に及ぶ交通機関、宿泊施設、飲食業においても、おしなべて2割から4割に売り上げは減少している。規模の大小によるが、経営が成り立たず倒産する事態も十分にありうる。

その結果、税収は減り続け、地方自治の運営も従来通りにはいかなくなる。そればかりではなく、新型コロナウイルス拡散による人類の心理的なダメージは大きく、通常の活動が再開されるには相当な時間がかかることになるであろう。世界中のさまざまな地域で金融緩和による資金調達を行っていけば、どのような状況が次に待ち受けているのか、真剣に考えなければならない。

 

今こそ、政治も行政も与党も野党も総力を挙げて、全力で終息に向けて医療機関を支え、まずは安心感を国民に与えるために最大限の努力をしなければならないはずだ。しかし、そもそも税金をもらって安穏として活動している政治家が、現在の経済状況が分からずに、言葉尻を捉え、揚げ足をとったりしている姿を見ていると本当に情けない。パフォーマンスでは現場を混乱させるだけということが分からないのだろうか。総括は後で行なえばよい。だから、今は協力して国難を乗り越えるために全力で働いてもらいたい。


政治には哲学が求められる。

私は、政治とは、つきつめるならば命を守る、尊ぶこと以外にないと考えている。今こそ一人でも多くの人の生活を守るために、議席を預っている人々には「まなじりを決して」真剣に、そして、優しさを持って行動してもらいたいと切に願っている。

今、私が行わなければならないことは、駅頭で、また街頭で「発言すること」ではなく、一人でも多くの市民の声を「聞くこと」だと思い、歩くことにした。そして、困っているたくさんの市民の声を聞いて、役立てるよう動いて、今こそ本物の為政者を目指したいと強く思うのです。

 

 2020年3月12日

 

上記の文を記載した後も、状況は刻一刻と変化しております。

新型コロナウイルス関連のFaceBook記事は以下をご覧ください。

 ※クリックするとFaceBookにジャンプします。

 

 

 


ご挨拶


 

2020年 田中甲 ご挨拶

昨年の月、令和の時代を迎え、私たち日本人は大きな時代の転換期を迎えました。

31年間続いた平成の時代は我が国にとって戦争のない平和な時代ではありましたが、国内多くの地域で、災害が発生するということも記憶に残るものでありました。

令和に入っては、千葉が被災県となり、多くの県民がつらい経験をすることとなりました。

一昨年、市長選挙を経験させていただいた私は、より、市川市民の生命と財産を守るべく常に災害に備える行政の必要性を感じている次第です。

また、市川市民が納めた貴重な財源である税収に対して、1円たりとも無駄にすることのない市政運営を心掛けていかなければならないというのは当然であり、もしそうでない実態が現行の市政に伺えるならば、すべてを公表し、明らかにしなければなりません。

さらに、これからの街をつくるためには「シティマネジメント」というビジネス感覚を導入し、市民がより豊かに生活できる環境を、税収以外の収益を基に作り出していく知恵が必要になります。

この街市川で生活することがより魅力的で、より誇りを持てる「市川市」にしていかなければならないと思います。

 

さて、私田中甲は従来より業界・団体・労働組合等からの推薦や献金を丁重にお断りをし、市民サイドに立った政治姿勢を貫いてまいりましたが、今後は、各種団体と等距離に健全な関係というものを作り上げ、その結果として市民が最大限に利益を享受できる姿を作り出していきたいと思います。

同時に、未来の有権者たちに「自分たちの生活と政治が繋がっていること」を知ってもらい、政治への関心と自らの意見を持ってもらうことが出来るようにと、子どもを中心とした主権者教育活動にも力を注いでいます。

 

今後とも、市民の皆さんに変わらず気軽に声をかけてもらえるよう努め、市民と共に生成発展する令和の時代を作っていきたいと思います。


プロフィール


生年月日 :昭和32年 1月 市川市生まれ
最終学歴 :昭和55年 立教大学社会学部卒
経  歴 :昭和62年 市川市議会議員
      平成 2年より 千葉県議会議員 2期
      平成 5年より 衆議院議員 3期
      平成17年 Washington, D.C. Leadership Institute 卒
      平成30年 市川市長選挙次点

 

市民の代表を目指し、業界団体・労働組合等の偏ったしがらみを持たない政治姿勢を貫き、理念は「政治とは命を守ること」と掲げる。

 

議員活動 :恒久平和調査局設置法案提出
      風俗営業法の改正
      児童虐待防止法案の改正
議員活動後:内湾開発(株) 代表取締役
      中山法華経寺 総代
      公益財団法人 太平洋戦争戦没者慰霊協会 代表理事
      (株)六甲 代表取締役
      市川商工会議所 三号議員
著  書 :2045発目の核 (PHP研究所)
      きこえますか子どもからのSOS (ぎょうせい)
      新世紀日本の創造 (明光企画)
      尊命の時代 (きんのくわがた社)
      支配を超えて (新日本文芸協会)
      創造主義 (リベラルタイム出版社)
信  条 :一身二生(いっしんにしょう) 為政清明(いせいせいめい)


主権者教育推進活動


未来の有権者たちに「自分たちの生活と政治が繋がっていること」を知ってもらい、政治への関心と自らの意見を持ってもらうことが出来るようにと、漫画と動画を活用した主権者教育推進活動を行っています。

第1話 政治はなぜ必要?

 

↓動画はこちら(音が出ますのでご注意ください)

第2話 なぜ選挙をするの?

 

↓動画はこちら(音が出ますのでご注意ください)

第3話 政党ってナニモノ?

 

↓動画はこちら(音が出ますのでご注意ください)

第4話 国政・県政・市政の違いって?

↓動画はこちら(音が出ますのでご注意ください)


「漫画でわかる政治」を書いてくださっている桜月先生がデザインしてくださったLINEスタンプを申請中です!

このスタンプと同じようにわくわくしています♪